home

木地屋の里(糸魚川市大所)

日程 2012/05/30
行程 新潟県/糸魚川市大所
地図座標 http://www.mapion.co.jp/m/36.87725571133866_137.8320359241104_6/
公式Web http://ootokoro77.ninja-x.jp/

「木地屋」とは、1100年以上も前の第55代文徳天皇(西暦827〜858)の第1皇子惟喬親王(844〜897)が
近江国小椋ノ庄(滋賀県愛知郡東小椋村)(滋賀県神崎郡永源寺町)に居た元安3年(西暦859年)頃
轆轤(ろくろ)を使って木製の器を作る技法を家臣であった小椋大臣実秀と大蔵大臣惟仲に伝え
製品製作にあたらせたのが木地屋の始まりである。
木地屋は宮廷に奉仕していた為、
その後は日本全国を自由に往来して木材料を採取できる権利を与えられていた。
木地屋は木地師とも呼ばれている。

2012/05/30

「木地屋の里」
いちばん上の建物2棟、左が「越後大所新田 木地屋民俗資料館」、
右は売店と食事処「栃の木」
この山道をさらに登って行くと蓮華温泉にたどり着く。


「越後大所新田 木地屋民俗資料館」 の内部


資料館に展示されている貴重な古文書


資料館に展示されている柄袋。菊花の紋があり、
朝廷との関係を示す貴重なものです。

home

















































<EOF>